〒610-0355 京都府京田辺市山手西2-2-3 日東西ビル2F・3F

当院で行う手術

鼓室形成術

鼓室形成術

炎症が高度な中耳炎・真珠腫に対して行う手術方法です。中耳から乳突部の病変を取り除いて、聴力改善のための鼓膜の再建や、人工骨等を用いて聴力を改善させる手術法で、耳の後ろを5~7cm切開し、手術を行います。
当院では1泊2日での入院による全身麻酔で行っています。手術後3時間から動いたり食事を摂っていただいたりすることも可能です。

鼓室形成術を行うにあたり、我々は次の3つの点を目標としています。

  • 真珠腫・炎症などの病気を取り除く
  • 聴力を改善させる
  • 耳の中の状態を自然な元の状態にする

なかでも、3番の項目は手術成績に反映されることが少ないのですが、QOL<Quality of Life:病気を取るというだけではなく、病気も取り、生活のレベルも変えない>という観点からは、元の形態を取り戻す・・・ということが非常に大切であると考えています。

手術を行う際、外耳道の骨を削除して見やすい状態にしてから病変を取り除く方法も良く行われていますが、本来の耳の穴から鼓膜までのトンネル(外耳道)が大きな空洞になってしまい、耳垢がたまりやすくなったりめまいがおこりやすくなったりすることがあります。

当院では高度な技術を要する外耳道後壁保存を目指しています。外耳道の形を保つ事(=外耳道後壁保存)とは、より自然な元の耳の中(外耳道)の形を保つこととなり、「病気を取り除く」・「機能を取り戻す」だけでなく、日常の生活の質も保つ事が可能となるのです。

例えば、外耳道後壁を削除すると水泳も基本的にはできなくなります。小児においてこのような生活上の制限が加わることは、術後の成績には反映されない部分ですが患者さんにとっては非常に辛いことです。残念ながらこのような点についてはあまり学会などでも議論の対象にはなっておらず、専ら術後聴力や真珠腫の再発についてのデータについて検討されるのが実情です。我々は、聴力改善や真珠腫や炎症の病巣を除去することはもちろんのこと、「本来の耳の形態を取り戻し、少しでも日常生活が快適に送れるようにすること」も目標としております。

手術成績は病気の進行具合により個人差がありますが、I型を行う方の9割以上、III型を行う方の7割以上、IV型行う人の5~6割以上で聴力改善が期待されます。

重度の中耳炎・真珠腫で来院。
低音がほとんど聞こえない高度な難聴で、外耳道に出血も見られます。手術を行うことにより、聴力もほぼ正常に戻り、自然な元の耳の中に戻りつつあります。

典型的な中耳炎・真珠腫で来院。
出血などは見られませんが、聴力がかなり落ちていました。術後の回復も早く、術後2か月ほどでほぼ正常な聴力を取り戻し、術痕もきれいです。

重度の中耳炎・鼓膜穿孔で来院。
聴力もかなり低下しており、自然治癒の見込みが無いので手術を行うことになりました。
術後の回復も順調で、聴力も日常生活においてほぼ問題ないレベルまで回復しています。